吾輩は肉である
〜 オーストラリアのお肉屋さん 〜

夏草の賦(下)

2022.05.22

(下)を読み終える

やはり、最後はのめり込む、どうなるのだろうって、、

どの本にも筆者が伝えたいモノがあるのだと思う

そういう事を想像することも楽しい、きっとこうであろう、と、、

こういった本を読むことで、知らない土地を知ることができる

歴史に関してはこういった本を材料としてもよいのでは、、

記憶だけではなく、人物の感情、流れなど、、、、時間は掛かるが、そうすることで、、なんとなく、、ぼんやり、、視えてくるのかもしれない、、